2009年10月

2009年10月29日

サバイバル時代の海外旅行術 (光文社新書)
サバイバル時代の海外旅行術 (光文社新書)
クチコミを見る

 この本は、高城氏が豊富な海外旅行や滞在を通じて編み出した、彼流の旅行術指南書である。高城氏といえば、沢尻エリカさんのご主人で、ハイパーメディアクリエーターとされる、よう分からん職業の人である。まあ、映像作家なのでしょうな。続きを読む

taketo_koga at 09:30コメント(0)トラックバック(0) 
読書 | 旅・バカンス

2009年10月28日

スウェーデン出張に行ってまいります。

 以前、このブログの記事で言及させていただいたように、スウェーデンでPI Branemark Symposiumという、インプラントの父であるブローネマルク教授の名を冠した、世界中から選ばれた200人の招待者のみのシンポジウムに招いていただいた。その縁で、本日から出張だ。久しぶりのスウェーデン。おそらく、6年ぶりかな。思えば気づかぬうちに時は流れ、彼の国も遠くなったものである。続きを読む

taketo_koga at 09:11コメント(0)トラックバック(0) 
海外研修・歯科事情 | インプラント学会

2009年10月27日

即時荷重インプラントの講演

 10月25日の日曜日、即時荷重インプラントの講演を行った。場所は品川のノーベルバイオケア社研修室。多くの方々に参加していただき、感謝したい。北海道からまで参加いただいてので、実りのある講演を行うよう、ベストを尽くした。続きを読む

taketo_koga at 08:58コメント(0)トラックバック(0) 
インプラント講演 | インプラント治療

2009年10月24日

スウェーデン・デンタル・センター弘岡先生との単行本打ち合わせ
この記事に関する写真は、こちら。

 10月21日の水曜日は、久々に、私の恩師とも言える弘岡先生と、単行本執筆の打ち合わせを行った。医歯薬出版の名編集者、古林さんが美味しい店を予約してくれた。丸の内のベトナム料理の店、カサブランカ・シルク。ベトナム料理にありがちな、安っぽい雰囲気がなくて、素敵で料理もなかなかいける店であった。フォーがおすすめということだが、確かに美味しい。ベトナム料理としては、すごくおすすめ。続きを読む

taketo_koga at 08:01コメント(0)トラックバック(0) 
著作 | グルメ

2009年10月22日

佐野での古賀インプラント・チュートリアル:時には勇気ある撤退を

 10月20日の火曜日は、栃木県佐野市での古賀チュートリアルの日であった(上は佐野でいただいた食事のデザート)。この日は、上下の7本のインプラント手術予定。私は、当然、手術規模が大きいので、静脈内鎮静法 (IVS)を行うと考えていた。しかし、患者さんが若い男性であったこと、その患者さんが医療関係者(薬剤師)で、不要であると自ら返答されたこと、おそらく大学病院からの派遣費用をご負担することを回避されたかったようであることなどから、IVSを行わないことになっていた。続きを読む

taketo_koga at 09:50コメント(0)トラックバック(0) 
インプラントチュートリアル | インプラント治療

2009年10月21日

イタリアの旅5:ローマの休日...です。
この記事に関する写真は、こちら。

 イタリアも最後の日となった。イタリア特集が長い? これが最終回です。我慢して付き合ってくださいな。このブログ、自分史です。ごめんあそばせ。 

 夕暮れにナポリからローマに入り、ホテルにチェックインした。ホテルはスペイン階段の上に位置するホテル。名前は「デ・ラ・ヴィル」ローマ最高のホテル「ハスラー」の隣。ベランダからは歴史的な建造物が一望できるのであった。リゾート地ではオーシャンビューとかマウンテンビューとかあるでしょ?私が選んだのはヒストリカルビュー。素敵な響き。

 ホテルって、設備やサービスも重要だけど、眺めだって大切。 かれこれ、約2年間の米国、スウェーデン留学をはさみ、約70回の海外渡航歴があるのだが、 眺めの大切さをしみじみ感じたのは、ポルトガル研修の記事で登場いただいた大学時代からの友人の安藤君と、大学6年生のとき、二人でハワイに行った初めての海外旅行の時であった。続きを読む

taketo_koga at 09:50コメント(0)トラックバック(0) 
旅・バカンス | 世界遺産

2009年10月20日

イタリアの旅4:ナポリのピッツァ
この記事に関する写真は、こちら。

カプリ島から、ナポリへと移動したわれわれ。ローマに向かうユーロスターに乗車するまで少し時間があり、ナポリの港まで送ってくれたファブリツィオにお礼を言うと、次のドライバーに引き継いでくれた。

この旅、充実してる上に、完璧な引き継ぎ。プライベートツアーはこうでなくちゃ。  ナポリで本場のピッツァを食したいという希望に応じて、ピッツェリアへ連れて行ってもらう。ドンミケーレというナンバーワンの店は、日曜日でお休み。

そのすぐ近くのトリアノンという店に行った。すごい人だかりである。イタリア語で名前をきいて順番待ち。でも、すぐに呼ばれた。われわれはマルゲリータの最高級バージョンとシンプルなマリナーラ。マリナーラはなんと3ユーロ。大きさは特大サイズ。直径40cmくらいはある。  

ナポリピッツァと言えば、空中に放り投げて伸ばす、あれと思っている方いません?イタリア人によると、あれはアメリカ風だということ。どこもそんなことしてませんですと。ロンリープラネット(ロンリープラネットの自由旅行ガイド・イタリア)では、棒を使用することは禁止されていて、空中に放り投げて生地を延ばす、とある。あのガイドも、すべてを信じるほどには当てにならん。あれはアメリカだっけ?続きを読む

taketo_koga at 09:50コメント(0)トラックバック(0) 
旅・バカンス | グルメ

2009年10月19日

イタリアの旅3:カプリ島の青の洞窟
この記事に関する写真は、こちら。

だんだん、旅行ブログ化してきたが、あと3回だけおつきあいを。今回のイタリア3日間の旅のうち2日目は、カプリ島とナポリを楽しむことである。カプリ島って、イタリアきっての保養地と言われる。なにせ、あの、ローマ皇帝のアウグストゥスが別荘を持っていたらしい。  

ローマって凄いね。日本が弥生時代の縦穴式住居で家族ひしめき合っていた頃、すでにカプリ島で泳ぎ,別荘を持っていたとは。しかも、その別荘内に、世界最初の古代生物学博物館を授け,使用人達に発掘させた化石や石器時代の道具類を所蔵していたそうな。絶句。続きを読む

taketo_koga at 09:50コメント(0)トラックバック(0) 
旅・バカンス | 人生・哲学・エッセー

2009年10月17日

イタリアの旅2:アマルフィ海岸とドン・アルフォンソの究極料理
この記事に関する写真は、こちら。

前回の記事
で述べたように、我々は、恐ろしいまでの早起きでナポリ駅に到着し、午前中にはポンペイ遺跡を見終え、ポンペイでナポリピッツアを味わい終えていた。時間がない日本人の典型のごときオヤジ達、行きたいところを全て言い渡し、絶句するイタリア人スタッフに命じたプライベートドライブの次の目的地は、アマルフィ海岸である。映画のあれです。でも、私、まさかあのような映画は観ておらず。昔から、アマルフィからポジターノにいたる海岸沿いのワインディングロードは、地中海一の景観を誇ると言われてきた名所である。続きを読む

taketo_koga at 09:43コメント(0)トラックバック(0) 
旅・バカンス | グルメ

2009年10月16日

学会終了後に足を伸ばしたイタリア:ポンペイ
この記事に関する写真は、こちら。 学会終了後、ちょいとイタリアに。こちらは完全な観光でございます。ハイ。イタリアは、おそらく7回くらい訪れたことがあるが、南イタリアに足を伸ばしたことがなかった。エアーを調べると、たった50分でニースからローマに行けることがわかった。そしてユーロスターという、いわゆるヨーロッパ版新幹線にて1時間15分でナポリへ行けることも判明。そりゃ、行ってみよう、となってしまった。そこで、南へ。頼んだガイドさん。日本語が出来る人を用意できるという。こうしたところは、ガイドを雇うに限ります。南仏にて味しめた。多少、変な人生論を言う人もいるかもしれない。しかし、それも含めて面白い。続きを読む

taketo_koga at 09:42コメント(0)トラックバック(0) 
旅・バカンス | 世界遺産

2009年10月15日

南仏の旅:出張番外編5 最高の景色料理を エズ
この記事に関する写真は、こちら。

 モナコの喧噪を離れ、ニースとモナコの中間に位置する、鷲ノ巣村で最も美しいと言われる村、エズ(Eze)。その地で、エズ村の頂上近くに位置し、ミシュラン2つ星を有するレストランのあるホテルがChatoeau de la Chevre d’orである。タクシーにシェーブルドールと言えば、誰でも分かる。続きを読む

taketo_koga at 09:50コメント(0)トラックバック(0) 
旅・バカンス | グルメ

2009年10月14日

南仏の旅:学会出張番外編4 アンティーブ、ヴァンス、カーニュなど
この記事に関する写真は、こちら。

 学会の合間に、N先生とS先生でちょっと早めに抜け出し、ツアーをあるフランスの会社に頼んだ。そのツアー、ニースのあるホテルから出発するのだが、待ち合わせ場所に行くと、参加者は我々だけである。続きを読む

taketo_koga at 09:50コメント(0)トラックバック(0) 
旅・バカンス | 人生・哲学・エッセー

2009年10月13日

南仏の旅:学会出張番外編3 Cap Ferrat
この記事に関する写真は、こちら。

番外編3になるのか、2になるのか、不明だが、ともあれ、今回、訪れた場所を紹介する。まずは、深夜に到着したのは Cap Ferratである。実は、ここはコートダジュール (Cote d’Azur:紺碧海岸)きっての高級別荘地。ここが究極だそうで。そこでも最高のホテルがここGrand Hotel du Cap Ferrat。この半島(岬)の名前は、フェラ岬、あるいは、Cap Ferrat,、この岬の中心の村をSt-Jean Cap Ferrat (サン・ジャン・キャプ・フェラット)という。続きを読む

taketo_koga at 09:50コメント(0)トラックバック(0) 
旅・バカンス | グルメ

2009年10月12日

旅の飛行機:KLM編
この記事に関する写真は、こちら。

 まだ時差ぼけがなおらず、昨日はうまく眠れず12時半に起きた。調子が悪く、ブログをアップできなかった。本日も朝5時頃までうまく眠れず、12時前に起床。毎日、6時には起きる早起き人間にすれば、かなりのダメージに違いない。続きを読む

taketo_koga at 13:58コメント(0)トラックバック(0) 
旅・バカンス | インプラント学会

2009年10月10日

モナコ番外編:Hotel de ParisとGrand Casino
この記事に関する写真は、こちら。

モナコ公国、通称モナコは、人口3万人程度で、面積は2平方キロメートルにも満たぬ、バチカンに次いで世界で2番目に小さな都市国家である。  

ともあれ、モナコといえば、その象徴は・・・モナコグランプリ、モナコラリー、グランドカジノ、オテル・ド・パリ、カフェ・ド・パリなどが思い浮かぶ。  


続きを読む

taketo_koga at 10:56コメント(0)トラックバック(0) 
旅・バカンス | グルメ

2009年10月09日

2009年 ヨーロッパ・インプラント学会の報告
この記事に関する写真は、こちら。

  本年のEAOは、そのテーマからして、極めて臨床的なものであるが、患者のニーズにシフトしていると感じられた。プレコングレスのテーマとして選ばれているのは、垂直的骨造成 (Vertical ridge augmentation)、抜歯後インプラント埋入部位とインプラント周囲の骨欠損部のマネージメント (Post-extraction sites and peri-implant defects management)、上顎洞骨移植最先端 (Maxillary sinus grafting: State of the art)、無歯顎再建:ブリッジとオーバーデンチャー (Full arch rehabilitation: Fixed bridges vs overdentures)であった。続きを読む

taketo_koga at 13:18コメント(0)トラックバック(0) 
海外研修・歯科事情 | インプラント学会

2009年10月08日

学会&旅から帰国しました
この記事に関する写真は、こちら。

2009年のヨーロッパのインプラント学会(EAO)への出張から帰国した。学会後に3日ほど旅をしたので、かなり御無沙汰である。ブログを読んでくださっている皆様にお詫びします。

続きを読む

taketo_koga at 12:05コメント(0)トラックバック(0) 
海外研修・歯科事情 | インプラント学会

2009年10月03日



臨床医のためのインプラント治療原論ようやく新刊本のサイトができました!

 私と佐藤先生の新刊単行本「臨床医のためのインプラント治療原論 ー世界的標準治療の臨床戦略と判断基準」のサイトがデンタルダイヤモンド社のホームページにオープンされました。

上の写真あるいは、本のタイトルをクリックすると、出版社のデンタルダイヤモンド社さんの拙著を紹介しているサイトへ飛びますので、ちと、クリックをお願いします。

 先日の日本口腔インプラント学会では、売れ行き好調であったということで、少し胸を撫で下ろしたところです。しかし、本当に大切なのは、実際、購入して読んでいただいた方々の評価です。これからの読者からのごご感想を待ちたいと思います。


taketo_koga at 01:41コメント(0)トラックバック(0) 
著作 | 人生・哲学・エッセー
記事検索
livedoor プロフィール

taketo_koga

歯科医師の古賀と申します。歯科インプラントの専門家です。オフィスのホームページもご覧ください。

ギャラリー
  • 2013年後半の自分史報告 その3
  • 2013年後半の自分史報告 その3
  • 2013年後半の自分史報告 その3
  • 2013年後半の自分史報告 その3
  • 2013年後半の自分史報告 その3
  • 2013年後半の自分史報告 その3
livedoor ピクス
本ブログパーツの提供を終了しました
QRコード
QRコード