2012年11月09日

記事タイトルデンマーク学会出張報告記 その8 番外編 コペンハーゲン観光 中編


この記事に関する写真は、こちら。

コペンハーゲン、やはりいい街だ。


千葉の幕張新都心のインプラント専門医、古賀テクノガーデン歯科の古賀です。 10月上旬にコペンハーゲンのインプラント学会に参加してきた。その報告シリーズ第八弾です。


水上バスにのり、オペラハウスを過ぎると、まもなく、人魚姫の像があるカステレット要塞の近くの聖アルバニ教会まえで下船した。

気温は10度弱で、さすがに北欧の秋は、多少寒かったが、ダウンにニット帽で完全装備の私、快適な水上のプチ観光であった。

その降り場から人の流れにそって歩く。まあ、おそらくは、皆さん、同じ事考えていると推察。なんだか、緑が豊富で海とのコントラストが美しい。これで北欧のもっとも美しい新緑の時期なら最高だが、まあ、秋は北欧としては寂しくなる時である。

ボクの経験から言えば、日々、日が短くなり、どんよりとした暗い空の下、雨季で天候も不順で鬱になりそうな季節。

それにしても、要塞がある関係で、なんだか、マイナーぽいところを歩き、不安感がでてきたところで、わずか80cmの可愛らしい像である。

ちょっと、札幌の時計台を思い出すくらいの控えめな像。モデルになったのは、先般、通り過ぎた王立劇場のプリマドンナだったそうな。

カールスバーグ・ビール社長のアイデアで(多分、お金も出したのだろう)、エドワード・エッセンという著名な彫刻家が彫ったそうだが、それが縁で、その彫刻家の奥様になったという。

ともあれ、これまで何度も破壊され、爆破までされ、修復を繰り返してきたが、人だかりの写真放列である。同じ観光客と思しき人にお願いして写真を撮影してもらう。

はっきり言って下手である。何も、人魚姫をボクの肩に乗った背後霊のように撮影してくれたのであった。まあ、文句は言えぬ。

人魚姫なのに足がある、なんて声も聞こえたが、これとて、はっきり言って、ディズニー・アニメの見過ぎかも。確かに足があるが、フット部分がヒレに。あまり泳ぐのに役たたなそうなヒレではある。まあ、かようなことをとやかく言うのは無粋かも。

人魚と写真撮影すると、さ、行こうか、と思い、すぐに振り向きもせずに歩き出す。アメリンボー宮殿やローゼンボー離宮を観ながら歩く。目指すは、運河沿いのカラフルな街であるニューハウン (Nyhavn)である。

コペンハーゲンの象徴とも言える景観で、運河に沿って、パステルカラーのカラフルな木造の建物がならぶエリアだ。

元々、船乗りたちが航海の後にくつろいだ居酒屋街だそうだが、現在、北側にテラス席が並ぶ可愛らしい町並みである。アンデルセンが住んでいたらしい。彼が住んだ自宅に石板があるらしいが、未確認。

たいして観光したわけじゃないが、学会後だったので、暗くなり、ここらで夕食を食べた。フラッと入ったのが当たり。

この店を選んだ理由。店の前に新鮮そうなロブスターなどが並んでいたから。レストランの名前は、Zelesteと言う。こちら、コペンに行かれるなら、オススメです。リーズナブルだったし。

待ち合わせたK先生らと3人で食事したのだが、残念なことに、K先生、お酒を飲まないお方。向こうで人気だというジュースをお飲みに。別に飲まない人と食事しようが、自分だけ飲めばハッピーな私は、遠慮なくいただく。

しかも、問答無用のおつまみ系もいただくわけ。お酒飲まない方、飲まなくても、おつまみ系も食べられるものだし、別にそれも気にならぬ(<じゃあ、結局、どっちでもいいじゃん)。

もちろん、Champagneで開始。ジュースなど、気にはナラぬ。その後、ワインを頂いたのは言うまでもない。

今回、食べたのは、北欧来たら、ということで、なぜこの季節とは思ったが、ザリガニ(Crayfish)。旬は7月ころと記憶。まあ、興ざめしそうなので、それ以上、考えないことにする。

後は、マッシュルームのトースト乗せ。カナッペみたいだが、もっと大きくて、チョイ食事っぽい。ポルチーニなど、なんて書いてあったので、我慢できず。

どうも、セップ茸だの、ポルチーニなんて言葉には逆らえない(<同じだろ。注:セップはフランス語でポルチーニのこと)。

それに、ハーフのカナディアンロブスターを茹でたもの。後は、スズキのポワレ。これはレモンにて。

後はデザートだったが、意外なまでに美味しい。フォンダン・ショコラなんて、絶品といっていい。あの、チョコケーキ?の中から、ジワーっと美味しい温かいショコラが出てくるやつですな。

まあ、フランスのデセールじゃん、と言えば、それまでだけど。。。かなり気を良くして、後にした。支払いでも安いし、二重に満足。

有名な地区なので、帰りもすぐにタクシーを拾え、ボクはみなさんに別れを告げ、タクシーで。郊外といっても、タクシーで1500円くらいで到着。満足のショート観光であった。(続く)


taketo_koga at 21:19コメント(0)トラックバック(0) 
旅・バカンス | グルメ

トラックバックURL

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
記事検索
livedoor プロフィール

taketo_koga

歯科医師の古賀と申します。歯科インプラントの専門家です。オフィスのホームページもご覧ください。

ギャラリー
  • 2013年後半の自分史報告 その3
  • 2013年後半の自分史報告 その3
  • 2013年後半の自分史報告 その3
  • 2013年後半の自分史報告 その3
  • 2013年後半の自分史報告 その3
  • 2013年後半の自分史報告 その3
livedoor ピクス
本ブログパーツの提供を終了しました
QRコード
QRコード