非常勤講師

2013年06月25日

DSCN1084

5月後半その1は、高校の春の同窓会、そして新潟大学での講義から都内でのチュートリアル、九州での講演と続くハードな週末の報告。続きを読む

taketo_koga at 15:22コメント(0)トラックバック(0) 

2012年05月28日


この記事に関する写真は、こちら。

非常勤講師としてのお仕事。楽しみな時間である。続きを読む

taketo_koga at 11:51コメント(4)トラックバック(0) 

2011年05月30日

新潟での朝ウォーキング
この記事に関する写真は、こちら。

26日(木曜日)に新潟大学での講義を終え、教授らとよく食べよく飲んだ。翌日は、罪滅ぼしのように朝からウォーキングしたのであった。続きを読む

taketo_koga at 10:58コメント(0)トラックバック(0) 

2011年05月27日

新潟大学での講義

この記事に関する写真は、こちら。

恒例の新潟大学で非常勤講師としての講義を行ってきた。続きを読む

taketo_koga at 12:06コメント(0)トラックバック(0) 

2010年09月22日

歯科基礎医学会学術大会
この記事に関する写真は、こちら。

新潟大学口腔外科の勝見先生が、歯科基礎医学会学術大会で発表された。私も少しだけ絡んだ研究の成果である。 続きを読む

taketo_koga at 05:00コメント(0)トラックバック(0) 

2010年05月29日

新潟大学歯学部での講義
この記事に関する写真は、こちら。

5月27日(木)は、新潟大学での講義をしてきた。対象は、大学の3年生の解剖学の二コマである。


続きを読む

taketo_koga at 11:24コメント(2)トラックバック(0) 

2010年02月01日

神奈川歯科大学 横浜クリニックでの講演:林教授より写真をいただきました
この記事に関する写真は、こちら。

 先日の神奈川歯科大学付属横浜クリニックでの講演で、もちろん、講師なので、公演中の写真は撮影していないのだが、林教授がスタッフの写した写真を、親切にもメールしてくださった。続きを読む

taketo_koga at 05:00コメント(0)トラックバック(0) 

2010年01月30日

神奈川歯科大学での講演 @ 横浜クリニック
この記事に関する写真は、こちら。

1月28日(木曜日)は、神奈川歯科大学横浜クリニックにおいて講演を行った。テーマは、先だっての東京医科歯科大学での講演と被ったが、解剖生理学から再考するインプラントのリスクマネージメントで、審美性と安全性を生物学的観点から議論する内容とした。続きを読む

taketo_koga at 09:15コメント(0)トラックバック(0) 

2010年01月09日

新潟大学の大島教授が私のオフィスにいらっしゃいました。
この記事に関する写真は、こちら。

 1月7日の木曜日、大島教授が東京で某学会の会合のために上京された。翌日の8日朝からの開始だそうで,木曜日の午後に私のオフィスに立ち寄ってくださった。一緒に作っているインプラントの解剖コンテンツを話し合うためである。続きを読む

taketo_koga at 07:44コメント(0)トラックバック(0) 

2009年08月25日

専門家を育てる意味での日本の大学(院)教育 3
この記事に関する写真は、こちら 昨日のブログ記事で、いかにいい加減な自称専門家が横行しているかを述べた。もう少し、われわれ歯科医サイドが嫌がる話を続ける。私もインプラントが専門と言っているが、日本の公式な専門医教育はどうなっているのか、その現状を述べてみよう。  まず、法的には、歯科の中で看板などで示すことが許される科目として認められているのは、歯科、歯科口腔外科、小児歯科、歯科矯正のみである。専門分野として世界的に一般的な補綴科、保存科、修復科、歯周病科、歯内療法科は認められていない。最近、大学にもあるインプラント科も対象外である。同時に、法的に医師や歯科医師に履歴や得意分野などを診療所の外壁や看板に提示することを禁じている。標榜科目と診療時間や休診日以外には患者さんにオープンにすることが難しい状況におかれているわけである。続きを読む

taketo_koga at 11:50コメント(0)トラックバック(0) 

2009年08月14日

東京大学安田講堂での講演とあるご縁について 12
この記事に関する写真は、こちら

 2008年から新潟大学解剖学講座の
非常勤講師をしている。解剖学の専門家ではなく、
むしろ微生物学で学位を取得している私に
首をかしげるドクターが少なくない。
私の口癖になっているのだが、人生はつくづく
縁というものに影響されると感じる。最近、私も
年齢を重ねてきて、よりその感を強くしている。
 
続きを読む

taketo_koga at 09:57コメント(0)トラックバック(0) 

2009年07月16日

新潟県歯科医師会の招きで学術講演をしました。
今回は同級生で東京歯科大学矯正科で働いている
西井先生と一緒でした。
かような平日の学術講演会としては
異例なほどの人の入りだったそうです。
約70名のドクターが聴講に来てくださいました。
私自身も新潟で働いている同級生が4人ほど
来てくれて、旧交まで暖めることができ、
とても楽しい会となりました。続きを読む

taketo_koga at 21:24コメント(0)トラックバック(0) 

2009年05月21日

新潟大学での講義 1

 私は新潟大学歯学部解剖学講座の非常勤講師
をしており、今年も講義に行かせていただいた。
私は若い人たちが好きなので、とても快適なレクチャーである。
本年も教室の学生の席の残りには医局員でいっぱい
になり、皆さん、とても熱心に聞いてくれた。
講演テーマは、「インプラント治療最前線と解剖生理学の意義」であった。
ちょっと難しそうな演題であるが、要は、
インプラント治療の最先端(英語だとcutting edge)と臨床を通して実感できる解剖生理学の重要性を、
ビジュアルに講義し、これから学生が始める解剖学が
いかに臨床にとって重要な学問かということを伝える
講義である。

続きを読む

taketo_koga at 14:38コメント(0)トラックバック(0) 
記事検索
livedoor プロフィール

taketo_koga

歯科医師の古賀と申します。歯科インプラントの専門家です。オフィスのホームページもご覧ください。

ギャラリー
  • 2013年後半の自分史報告 その3
  • 2013年後半の自分史報告 その3
  • 2013年後半の自分史報告 その3
  • 2013年後半の自分史報告 その3
  • 2013年後半の自分史報告 その3
  • 2013年後半の自分史報告 その3
livedoor ピクス
本ブログパーツの提供を終了しました
QRコード
QRコード