著作

2011年07月11日




御歳76歳。相変わらずの素晴らしい講演。同時代に生まれた喜びを感じる。続きを読む

taketo_koga at 05:00コメント(0)トラックバック(0) 

2011年06月27日

インプラント外科総合コース講演 @ 東京


6日間の外科総合コース最終日の講演を行った。続きを読む

taketo_koga at 12:42コメント(0)トラックバック(0) 

2011年02月10日

00)
久々のお仕事の話を。スタッフトレーニングに悩む院長が多い。特にインプラント手術のオペ周りはほとんどの医院ができていない。こちらで解決を図ってください。続きを読む

taketo_koga at 05:00コメント(0)トラックバック(0) 

2011年01月18日

松山での講演報告
この記事に関する写真は、こちら。

雪で高速などが通行止めの中、100人以上の先生方が聴きに来てくださりました。感謝。 続きを読む

taketo_koga at 12:02コメント(0)トラックバック(0) 

2010年12月30日

パティオス デンタル オフィスを引っ越しました
この記事に関する写真は、こちら。

さらばパティオス。16年間にわたる開業を終了した。 続きを読む

taketo_koga at 09:37コメント(0)トラックバック(0) 

2010年10月20日

出版の打ち合わせ @ 銀座  水炊きとワインバー
この記事に関する写真は、こちら。

そろそろ、また単行本を執筆したくなりました。 続きを読む

taketo_koga at 09:22コメント(0)トラックバック(0) 

2010年10月02日

手術アシスタント向けDVD製作の打ち合わせ @ ニューオータニ幕張
この記事に関する写真は、こちら。

手術はチームプレーである。よって、アシスタントワークが手術を大きく左右する。

続きを読む

taketo_koga at 13:27コメント(0)トラックバック(0) 

2010年03月19日

ni

 ルサンチマンというのは、ウィキペディアによれば、デンマークの思想家セーレン・オービエ・キェルケゴール(Søren Aabye Kierkegaard, 1813年- 1855年)が確立した概念ということである。続きを読む

taketo_koga at 07:58コメント(2)トラックバック(0) 

2010年02月15日

弘岡秀明ペリオコースでの講演と修了式
この記事に関する写真は、こちら。

 2月13、14日の週末、私の恩師である弘岡先生の歯周治療のコースで修了式があり参加した。先生は、優秀で技術的にも極めて優れた歯周病医だが、同時に、とても気さくで楽しい方である。続きを読む

taketo_koga at 09:01コメント(0)トラックバック(0) 

2010年02月04日

クインテッセンス出版の方々との打ち合わせ @ のと半島時代屋
この記事に関する写真は、こちら。

 昨夜、つまり2月3日水曜日、銀座の和食のお店、「 のと半島 時代屋」にて、現在、企画中のDVD出版に関して、歯科の世界の大手出版社、クインテッセンス出版の畑めぐみ取締役と木村明編集員と打ち合わせ兼新年会を行った。続きを読む

taketo_koga at 09:00コメント(0)トラックバック(0) 

2009年12月23日

私の新刊本「インプラント治療原論」掲載のコラム:『ユーモアとアイスブレイク』


 以下の文章は、新刊本に掲載されたコラムである。読んでみてくださいな。では、どうぞ。

 ”人間、誰しも全く初対面の人ばかりの中ではくつろいで話ができないものだが、これは万国共通で、英語ではそうした堅苦しい局面をユーモアでほぐすことを’break the ice’といううまい表現を使う。” 続く。。。続きを読む

taketo_koga at 07:58コメント(0)トラックバック(0) 

2009年10月24日

スウェーデン・デンタル・センター弘岡先生との単行本打ち合わせ
この記事に関する写真は、こちら。

 10月21日の水曜日は、久々に、私の恩師とも言える弘岡先生と、単行本執筆の打ち合わせを行った。医歯薬出版の名編集者、古林さんが美味しい店を予約してくれた。丸の内のベトナム料理の店、カサブランカ・シルク。ベトナム料理にありがちな、安っぽい雰囲気がなくて、素敵で料理もなかなかいける店であった。フォーがおすすめということだが、確かに美味しい。ベトナム料理としては、すごくおすすめ。続きを読む

taketo_koga at 08:01コメント(0)トラックバック(0) 

2009年10月03日



臨床医のためのインプラント治療原論ようやく新刊本のサイトができました!

 私と佐藤先生の新刊単行本「臨床医のためのインプラント治療原論 ー世界的標準治療の臨床戦略と判断基準」のサイトがデンタルダイヤモンド社のホームページにオープンされました。

上の写真あるいは、本のタイトルをクリックすると、出版社のデンタルダイヤモンド社さんの拙著を紹介しているサイトへ飛びますので、ちと、クリックをお願いします。

 先日の日本口腔インプラント学会では、売れ行き好調であったということで、少し胸を撫で下ろしたところです。しかし、本当に大切なのは、実際、購入して読んでいただいた方々の評価です。これからの読者からのごご感想を待ちたいと思います。


taketo_koga at 01:41コメント(0)トラックバック(0) 

2009年09月20日

ようやく完成した新刊本の打ち上げ 6
この記事に関する写真は、こちら。

 18日(金)は、古賀チュートリアルの日であり、朝から藤沢、品川とめまぐるしいのであるが,この日は、さらに忙しかった。午後7時に品川を出て、幕張のオフィスの上にある謝崩殿という中華料理店で出版の打ち上げをやったのである。私と共著者で勤務医の佐藤先生、デンタルダイヤモンド社からは牧野社長と編集者の愛敬女史の3人で祝杯をあげた。続きを読む

taketo_koga at 11:31コメント(0)トラックバック(0) 

2009年09月19日

新刊本の完成:臨床医のためのインプラント治療原論 1

 私の新刊が完成した。正式出版日は10月1日である。今回、上梓させていただいたのは、これまで、主に書いてきたような外科に関してだけではなく、インプラント治療全般にわたる、スタンダードな治療戦略に関する本である。よって、副題は、「世界的標準治療の臨床戦略と判断基準」とした。

続きを読む

taketo_koga at 11:41コメント(0)トラックバック(0) 

2009年08月23日

スウェーデンのど根性ガエル 新刊本掲載予定のエッセーより 1

 以下の文章は、9月に上梓予定の私の新刊本「臨床医のためのインプラント治療原論」に掲載予定のエッセーである。一度、他の刊行物に掲載したことがあるので、転載してもいいと判断し、ここに載せる。まあ、大学関係者などから評判が良かったからなのだが。もちろん、実話です。続きを読む

taketo_koga at 11:22コメント(0)トラックバック(0) 
記事検索
livedoor プロフィール

taketo_koga

歯科医師の古賀と申します。歯科インプラントの専門家です。オフィスのホームページもご覧ください。

ギャラリー
  • 2013年後半の自分史報告 その3
  • 2013年後半の自分史報告 その3
  • 2013年後半の自分史報告 その3
  • 2013年後半の自分史報告 その3
  • 2013年後半の自分史報告 その3
  • 2013年後半の自分史報告 その3
livedoor ピクス
本ブログパーツの提供を終了しました
QRコード
QRコード