世界遺産

2013年08月07日

IMG_1270

世界遺産の名に恥じぬ旧市街の佇まい。中世にタイムスリップの印象。続きを読む

taketo_koga at 00:36コメント(0)トラックバック(0) 

2013年08月02日

DSCN1322

ホテルの夕食も素晴らしかった。続きを読む

taketo_koga at 23:41コメント(0)トラックバック(0) 

2013年08月01日

DSCN1230

世界遺産のドゥブロヴニク、アドリア海の真珠は、どこまでも美しい続きを読む

taketo_koga at 20:00コメント(0)トラックバック(0) 

2012年06月04日


この記事に関する写真は、こちら。

さらば、海の都。千年の海の女王よ。帰国の旅の報告。続きを読む

taketo_koga at 12:30コメント(4)トラックバック(0) 

2012年05月31日


この記事に関する写真は、こちら。

さらば、千年の海の都よ。また再訪のご縁はあるだろうか。続きを読む

taketo_koga at 12:11コメント(0)トラックバック(0) 

2012年05月30日


この記事に関する写真は、こちら。

沈みゆく100年の海の都。世界に唯一無二のこの街、イタリア最後に巡るのにふさわしい。続きを読む

taketo_koga at 12:00コメント(0)トラックバック(0) 

2012年05月29日


この記事に関する写真は、こちら。

美しきシエーナのカンポ広場。そして、花の都、フィレンツェ。まさに世界遺産の名にふさわしい。続きを読む

taketo_koga at 12:37コメント(0)トラックバック(0) 

2012年05月25日


この記事に関する写真は、こちら。

ピサの斜塔。さすがの世界遺産。まさに風格に満ちる。ガリレオも見上げたであろう、この風景は必見。続きを読む

taketo_koga at 05:00コメント(0) 

2011年11月21日


この記事に関する写真は、こちら。

アクロポリスやアゴラ。ソクラテスと同じ風景を見ている自分。一夜にして海に消えたアトランティス。すべてが貴重なものに感じる。歴史の重みとはそういうものだろう。
続きを読む

taketo_koga at 05:00コメント(0)トラックバック(0) 

2011年11月10日


この記事に関する写真は、こちら。

世界遺産の聖ヨハネ修道院と黙示録の洞窟がある島。はっきり言ってショボイけど、キリスト教徒には霊験あるのやも。続きを読む

taketo_koga at 13:31コメント(0)トラックバック(0) 

2011年08月11日


この記事に関する写真は、こちら。

正式参拝。通常踏み入れられぬ御垣内(玉垣内)にて神主と参拝させていただいた。続きを読む

taketo_koga at 05:00コメント(4)トラックバック(0) 

2011年08月10日


この記事に関する写真は、こちら。

アマテラスさまに抱かれて、霊験感じた神宮さまへの初参拝。

続きを読む

taketo_koga at 05:00コメント(6)トラックバック(0) 

2011年07月14日

image


和訳すれば、「行ったことある、やったことある」。自分の旅行先などを記録するユニークな手帳の紹介。

続きを読む

taketo_koga at 05:00コメント(2)トラックバック(0) 

2010年06月12日

究極の旅シリーズ5:イスタンブール 前編
この記事に関する写真は、こちら。

アジアとヨーロッパにまたがる都市イスタンブール。その独特の異国情緒の魅力。 続きを読む

taketo_koga at 12:55コメント(0)トラックバック(0) 

2010年06月09日

究極の旅シリーズ4:エルサレム 前編
この記事に関する写真は、こちら。

まさに巡礼の地エルサレム。私、かようなところまで仕事で行ったのである。なんと1泊4日 ( ! )の弾丸ツアー。まさに難行の旅体験をどうぞ。 続きを読む

taketo_koga at 05:00コメント(0)トラックバック(0) 

2010年06月05日

究極の旅シリーズ3:チェコ プラハ
この記事に関する写真は、こちら。

中世ヨーロッパ。その姿を観たいならこの街。遥かなるプラハの思い出。 続きを読む

taketo_koga at 10:51コメント(0)トラックバック(0) 

2009年12月06日

パリ研修シリーズ 11:モンサンミッシェル 1
この記事に関する写真は、こちら。

今回,、研修後にどうしても行きたかったモンサンミッシェルの話を。いくつかの部分はウィキペディアからの引用、改変です。モン・サン=ミシェル(Mont Saint-Michel)とはフランス西海岸、サン・マロ湾上に浮かぶ小島に築かれた修道院である。カトリックの巡礼地のひとつであり「西洋の驚異」と称され、1979年「モンサンミシェルとその湾」としてユネスコの世界遺産(文化遺産)に登録され、1994年10月にはラムサール条約登録地となった。続きを読む

taketo_koga at 05:00コメント(0)トラックバック(0) 

2009年10月21日

イタリアの旅5:ローマの休日...です。
この記事に関する写真は、こちら。

 イタリアも最後の日となった。イタリア特集が長い? これが最終回です。我慢して付き合ってくださいな。このブログ、自分史です。ごめんあそばせ。 

 夕暮れにナポリからローマに入り、ホテルにチェックインした。ホテルはスペイン階段の上に位置するホテル。名前は「デ・ラ・ヴィル」ローマ最高のホテル「ハスラー」の隣。ベランダからは歴史的な建造物が一望できるのであった。リゾート地ではオーシャンビューとかマウンテンビューとかあるでしょ?私が選んだのはヒストリカルビュー。素敵な響き。

 ホテルって、設備やサービスも重要だけど、眺めだって大切。 かれこれ、約2年間の米国、スウェーデン留学をはさみ、約70回の海外渡航歴があるのだが、 眺めの大切さをしみじみ感じたのは、ポルトガル研修の記事で登場いただいた大学時代からの友人の安藤君と、大学6年生のとき、二人でハワイに行った初めての海外旅行の時であった。続きを読む

taketo_koga at 09:50コメント(0)トラックバック(0) 

2009年10月16日

学会終了後に足を伸ばしたイタリア:ポンペイ
この記事に関する写真は、こちら。 学会終了後、ちょいとイタリアに。こちらは完全な観光でございます。ハイ。イタリアは、おそらく7回くらい訪れたことがあるが、南イタリアに足を伸ばしたことがなかった。エアーを調べると、たった50分でニースからローマに行けることがわかった。そしてユーロスターという、いわゆるヨーロッパ版新幹線にて1時間15分でナポリへ行けることも判明。そりゃ、行ってみよう、となってしまった。そこで、南へ。頼んだガイドさん。日本語が出来る人を用意できるという。こうしたところは、ガイドを雇うに限ります。南仏にて味しめた。多少、変な人生論を言う人もいるかもしれない。しかし、それも含めて面白い。続きを読む

taketo_koga at 09:42コメント(0)トラックバック(0) 

2009年09月14日

ポルトガル研修 リスボン観光 4
この記事に関する写真は、こちら。 だんだん海外旅行記のようになってきたが、もう少しだけ続けよう。われわれは、研修の後、2日間ほど時間を作り、観光をしてみた。リスボン市内を西に数キロメートル行った海沿いに上の写真の「大発見のモニュメント(Padrao dos Descobrimentos)」がある。

エンリケ航海王子の500回忌(!)を記念して建てられた高さ52mのモニュメント。これはでかい!帆船をモチーフにした大海へ向かう勇壮な雰囲気を醸し出している。レリーフは、エンリケさんを先頭に、宣教師やマゼラン、コロンブスさんなどが並んでいるらしい。

「らしい」というのは、みなおかっぱヘアースタイルで、彼らの顔がよく区別がつかないので、確証が持てないからである。この彫刻はなかなかのデキであり、後ろ姿もよろしい。まあ、正面は当然、海に向いているので,製作した彫刻家は後ろ姿に意識を集中したであろうことは容易に想像できる。続きを読む

taketo_koga at 06:00コメント(0)トラックバック(0) 
記事検索
livedoor プロフィール

taketo_koga

歯科医師の古賀と申します。歯科インプラントの専門家です。オフィスのホームページもご覧ください。

ギャラリー
  • 2013年後半の自分史報告 その3
  • 2013年後半の自分史報告 その3
  • 2013年後半の自分史報告 その3
  • 2013年後半の自分史報告 その3
  • 2013年後半の自分史報告 その3
  • 2013年後半の自分史報告 その3
livedoor ピクス
本ブログパーツの提供を終了しました
QRコード
QRコード